胃下垂は放っておくと危ない

胃下垂

本日は「胃下垂」についてです。
胃下垂と聞いてどんなイメージを持っていますか?
食べるとお腹がぽっこりする、太りにくいから良いなど様々なイメージがあると思います。本日は胃下垂について少しでも知ってもらいたいです。

胃下垂とは?

胃が通常の位置より下がっている状態を胃下垂といいます。腹部圧力が低下している痩せ型のに多く見られます。多くは胃の働きが低下し、胃の働きが弱った状態を伴います。暴飲暴食、過労、不安、ストレスなど生活習慣が引き金になって胃の働きが弱り症状が現れやすくなります。一般的には女性の方が多く見られます。

胃下垂の症状

一般に自覚症状はないことが多いのですが、胃部膨満感や上部腹痛、少量の食事で満腹感を感じる、食後の胃のもたれやむかつきを感じることがあります。

当院で考える胃下垂の症状は、胃の感覚が悪くなり、満腹感が感じづらくなってしまいます。その結果、通常では満腹感を感じる量を食べても気づかなくなってしまい、食べ過ぎてしまい、胃下垂を助長させてしまうことが多く見られます。

胃下垂が体に与える影響とは?

一般的には胃下垂は体質的なものとなっています。しかし胃が下がると、その下にある臓器に影響が出ます。腸、子宮などが影響を受けやすいです。腸、子宮などが影響を受けると、便秘、下痢や生理痛を引き起こします。それだけではなく、内臓の冷え、肩こり、腰痛などの症状まで影響を及ぼします。

胃下垂になると胃がちゃんと機能できていないことになります。消化、吸収ができなくなり、太りにくくなります。良いように聞こえますが、これは問題です。

胃下垂でも全身に影響を及ぼします。当院では内臓の調整も行います。その時、胃の状態を確認するようにしています。長い期間胃下垂になってしまっている方は改善するのにも時間がかかります。

まとめ

いかがでしたか?
胃下垂で太りにくいから良いではなく、様々な問題があります。食べたあとに下腹部が膨らむ方は胃下垂になっている傾向があります。上記のような便秘、下痢しやすい、生理痛などの不調がある方はもう影響が出ているかもしれません。

気になる方はご相談ください^^