両足の痛み、腰痛でお悩みの80代女性

腰痛

太田ここから整体院の青木です!

今回は両足(もも前)と腰痛でお悩みの80代女性の症例です。

評価

腰痛はおしりの付け根の部分が動いた時に痛みがあるとのこと。もも前の筋肉は歩いていると痛みが出てくるとのことでした。触ると両方固さと痛みが見られました。

股関節の動きは悪く、もも前の筋肉に緊張が入りやすくなっていました。さらにもも後ろの筋肉は弱くなっていました。足の前後の関係性からもも後ろの筋肉がうまく使えず、ももの前の筋肉に負担がかかっている状態です。

この方は膝の変形がみられました。このような方はもも前の筋肉が負担になりやすく、膝痛にも影響します。

体全体のバランスをくずしていたのは肝臓骨盤でした。

施術

肝臓、骨盤を調整すると全身のバランスは改善し、股関節は柔らかくなりました。もも裏の筋肉の活性化を行うとさらに柔らかくなります。

おしりの筋肉が固まって使えなくなっていたので、こちらも活性化をしました。

その後は再発を予防するため、立ち上がり練習をしながら、もも後ろが使えるように練習をしました。もも前を優位に使ってしまうと、お尻の筋肉まで固まってしまうので、注意が必要です。

全然痛くない!これなら大丈夫です!とお声をいただきました^^

この方はよく、近くの整骨院でマッサージを受けていましたが、改善は見られないとのこと。この方は体の使い方の方が問題なので、マッサージだけではまた負担になってしまいます。

次回体の使い方の確認のため、診させていただくことになりました。

まとめ

両足と腰痛に悩みの80代女性の症例でした。
マッサージしても改善しないお悩みの場合はご相談下さい!