鏡の前で「あっかんべー」チェック!

頭痛

太田ここから整体院の青木です!

今回は自分の体の健康チェック方法をお伝えします!
東洋医学では舌で体の状態を評価することを「舌診」(ぜつしん)と言います。舌は体の問題が出やすく、判断がしやすいところなので、朝起きたときなどに鏡でチェックするといいですよ!

舌診のポイントは大きさ厚さ舌苔(ぜったい:舌の表面につくコケ)の4つになります。

以下に簡単ですが見るポイント、原因と対処法をお伝えします。
続けていくと舌の変化から不調を読み取れるようになりますので、やってみてください!

舌から見る不調の原因

・舌苔が白い

正常な場合は薄く白い舌苔があります。いつもより白さが目立ってきた場合は、体が冷えている可能性があります。また、疲労が蓄積している場合でも白さが目立つようになります。

解決法:体を冷やすもの、甘いものは控えましょう。温かいもの、薬味(生姜、にんにくなど)を上手く取り入れましょう。

・舌苔が黄色い

体や胃などが炎症をしている可能性があります。風邪を引いてしまっていたり、食べ過ぎで胃に負担がかかってしまっている場合でも黄色くなります。

解決法:食事量を少なくし、胃を休めましょう。薬味は体を温める作用が強いので、控えましょう。夏が旬のもの(トマト、キュウリなど)は冷やす作用があるので摂るようにしてみてください!

・舌苔が黒い

まれに黒くなることがあります。極度の冷えや高熱で体力が落ちているときなど危険な状態です。

解決法:要注意の状態です。病院受診をおすすめします。

・舌が大きく、歯形が付いている

厚く、大きくなている舌は余分な水分が溜まっている可能性があります。歯形のつき具合でむくみの度合いを見ることができます

解決法:甘いもの、果物など水分が多いものは控えましょう。大根、海藻などを食べ、ウーロン茶で余分な水分を排出しましょう。汗をかくこともおすすめです!

・舌が小さく、薄い

虚弱で栄養、水分が足りていない状態です。

解決法:栄養価の高いものを常食しましょう。また無理のない生活に切り替えましょう。

まとめ

いかがでしたか?舌診の一部をお伝えしました。書籍もありますので、興味がありましたらみてみてください!
毎日に続けることで異常な状態が分かるようになります。まずは舌苔の状態から簡単に確認することをおすすめします!