腰痛の原因は腰にある?

腰痛

太田ここから整体院の青木です!

腰痛で悩んでいる肩は多くいらっしゃいますよね?
当院に来院している方も非常に多くいらっしゃいます。

中にはヘルニア、狭窄症など診断された方もいます。改善が早い方、改善が難しい方がいらっしゃいます。

腰椎椎間板ヘルニア

症状:腰や臀部が痛み、下肢にしびれや痛みが放散したり、足に力が入りにくくなります。

椎間板とは背骨と背骨をつなぎ、クッションの役割をしています。その一部が外に出てしまい、神経を圧迫して症状が出てしまいます。

検査はMRI画像で椎間板が突出しているかで診断します。

治療方法:一般的には痛みが強い時期は安静にし、コルセットを着用したりします。また、鎮痛剤、神経ブロック注射を行います。

脊柱管狭窄症

症状:長い距離を続けて歩くことが出来ません。脊柱管狭窄症は腰痛はあまり強くなく、安静にしているときは症状はほとんどありません。背筋を伸ばして立ったり、歩いたりすると痛みがでます。前にかがむとしびれや痛みは軽減されます。

脊柱管とは背骨、靭帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。骨が変形したり、靭帯が厚くなったりして神経を圧迫してしまいます。

検査はレントゲン、MRIで診断をします。

治療法はリハビリ、コルセット、神経ブロック注射などで改善を図っていきます。

本当に腰が原因?

実はヘルニア、狭窄症になっている方は非常に多くいるんです。しかし、症状が出ていない場合があるんですね。

ヘルニア、狭窄症になっていたとしても、それが原因で腰痛、足の痛みになっているのかは違う場合もあります。

ヘルニア、狭窄症と診断されたけど、原因が違う場合は改善が早くみられます。しかし、本当にヘルニア、狭窄症が原因になっている方もいらっしゃいます。その場合は改善に時間がかかる場合があります。

当院での確認方法

当院ではヘルニア、狭窄している部位がと痛みの部位が合っているのかを判断します。さらに筋力なども確認していきます。

まとめ

足にしびれや痛みが出ている場合はまずは病院受診をおススメします。そのあとで来院して頂くとより、安全に早く効果が期待できます。

ぜひ気軽にご相談ください!