痛みの仕組みについて

痛みの仕組み2

肩こりや腰痛といった身体の不調は、急に起こるものではありません。
身体の不調はずっと前から徐々に蓄積されて、体が限界を超えた時に、痛みや痺れなどの症状として出てきます。多くの方が「急に腰が痛くなった、肩が痛くなった」と勘違いをしています。

どうやって身体の不調はできるのか?

結論から言うと、日常生活の食生活や偏った動作、人間関係や仕事のストレスなどによって身体に負担が蓄積して不調を作っています。詳しく説明していきます。

痛みができる仕組み

私たちは日常生活の中で、食事、姿勢、姿勢、ストレスを受けています。毎日日常生活の中で、筋肉、内臓などに負担がかかっています。

なぜ私たちの身体は毎日負担がかかっているのに身体に異常がなく生活ができているのか。

身体に異常がないわけではありません。表面上に出ていないだけで、毎日の負担は少しづつ蓄積されているんです。

日常生活の負担が身体に蓄積されている

身体は少しの負担なら「自己治癒力」という人間本来持っている悪い部分を良い状態に戻す力があり、回復をしてくれます。しかし、毎日、毎日内臓に負担がかかる食生活や偏った姿勢をしていると、身体への負担が過剰となってしまいます。

そうなってしまうと、筋肉は硬くなったり、内臓は疲労すると下へ下がってしまい、本来の機能を果たせなくなります。筋肉のバランスが崩れると、最終的には骨盤や背骨、股関節、頭蓋骨など全身が歪んでいきます。

全身に歪みがあると、血管、神経、リンパ、気の流れが滞ってしまいます。その結果、自己治癒力が働かず、自己修正出来ないので、負担が蓄積され、限界を超えると痛みとして出現します。

痛みの改善するにはどうしたらいい?

上の図で説明した身体に蓄積した負担を解消していき、0の状態にしていかないといけません。施術では1つ1つ解消していく作業になります。その1つ1つに原因があり、その原因にアプローチをすることで1つ解消されていきます。

1つ解消しただけだと、脳は前の状態に戻そうとするのでそれを最小限にするために、原因に対してのセルフケアを行う必要があります。そうすることで。、戻りが少ない状態で次の施術を迎えることができます。身体の負担を1つ1つ解消していくことで腰痛、肩こりなどの悩みは解決されていきます。

ですから、腰痛歴2年の人と腰痛歴5年の人では蓄積された負担量を異なるため、改善するスピードも回数も違うのです。

当然、1回では治りません!

痛みの仕組みを知っていただけると、なぜ1回では治らないのか、治療を継続していく必要性を分かっていただけると思います。

痛みがなくなったから大丈夫!?

痛みが改善されると治ったと思ってしまう方がいますが、それは身体の限界を超えるところよりも負担量が下がっただけなのです。ここでやめてしまったら、すぐに負担が蓄積し、また痛みやコリが出てきます。

施術の目的は痛みをなくすことでなく、自己治癒力が働く身体の状態になり、少しの負担であれば自分で治せるようになってもらうことです。そのため、当院では通院の継続を勧めています。最終的には月に1回のメンテナンスを提供しています。

健康な状態が維持できるとどんなメリットがあるのでしょうか?

  • 病気になりにくくなる
  • 趣味をいつまでも楽しめる
  • 家事を十分にできる
  • 高額な入院費、手術費を払わなくて済む
  • 80代になっても杖を使わずに歩けて、膝の痛みなどに悩まなくて済む

など健康面でも金銭面でも多くのメリットがあります。
健康な状態を維持できれば、自分のしたいことにお金と時間を費やせ、人生を楽しみつつ、無駄なお金を使わず、他人に迷惑をかけずに過ごすことができます

痛みの改善と月に1回のメンテナンスでの施術費だけで、あなたの人生は

  • 今悩んでいる痛みがなくなる
  • したいことが思い切り出来る
  • バリバリ仕事が出来る
  • 病気でつらい思いをしなくていい
  • 健康を意識していない人より若く見られる

痛みの改善だけではなく、あなたの人生が幸せであなたらしいものになるお手伝いをさせてください!

痛みの改善後は、メンテナンスを行ってあなたの素敵な未来を全力でサポートしていきます。